『アイデアのつくり方』- ジェームス W.ヤング (著) 書評/5つの段階と3つのテクニック

『アイデアのつくり方』- ジェームス W.ヤング (著) 書評 書評
created by Rinker
¥1,100 (2024/05/24 18:29:48時点 Amazon調べ-詳細)

「アイデアのつくり方」は、ジェームス W.ヤングが執筆した本で、アイデアの創出方法を紹介しています。

アイデアは意識下で進行する心理過程の結実であり、この過程を意識的に操作する技術が提案されています。

本書は、広告業界を中心に科学技術や芸術の分野でも役立つとされ、アメリカの広告クリエイターたちにとってはバイブルと称されている一冊です。

アイデアの生成過程は、一連の心理的プロセスの結果

アイデアの生成過程は、一連の心理的プロセスの結果であり、これを意識的に操作できる方法があるのではないかと考えるジェームス W.ヤング氏の著書『アイデアのつくり方』。

本書は、アイデアの製造過程を検討し、新たな組み合わせによって新しいアイデアが生まれるという原理を説明しています。

アイデアの生成において重要なことは、既存の要素の新しい組み合わせと物事の関連性を見つけ出す能力です。

この能力は、心の習慣を磨くことで向上させることができます。

アイデア生成プロセス5つの段階

本書では、アイデア生成プロセスを5つの段階に分けて説明しています。

資料収集

資料収集:特殊資料(製品や消費者に関する情報)と一般的資料(人生や世界の様々な出来事に関する知識)を集める。

資料の咀嚼

資料の咀嚼:集めた情報を消化し、新たなアイデアを思いつく。

問題を心の外に放り出す

問題を心の外に放り出す:無意識の想像力を刺激し、自然に新たなアイデアが湧いてくる状況を作る。

常に考え続ける

常に考え続ける:一つの問題を徹底的に考え抜き、ふとした瞬間にアイデアが浮かぶ。

アイディアの具体化

アイディアの具体化:生まれたアイデアを現実の世界に持ち込み、実用性を持たせる。

また、言葉はアイデアのシンボルであり、言葉を集めることでアイデアも集められると主張しています。

アイデア生成のプロセスを明確に整理

感想として、本書は非常にわかりやすく、アイデア生成のプロセスを明確に整理してくれています。

現代のテクノロジーを活用すれば、このプロセスをさらに発展させることができるでしょう。

本書は分量が少なく、さらりと読めるものであり、アイデア生成に関してこれまで知っていたことを整理してくれる内容となっています。

また、訳者のあとがきによると、アメリカの広告クリエイティブ業界で長年使用されているという本書は、広告業界だけでなく、さまざまな分野でアイデアを生み出す人たちにも役立つことでしょう。

『アイデアのつくり方』は、アイデア生成のプロセスを学ぶだけでなく、自分自身を見つめ直すきっかけともなります。

例えば、資料収集の段階では、自分がどの程度の知識や情報を持っているか、どのようにそれらを活用しているかを考えることができます。

また、問題を心の外に放り出すことで、無意識の働きを活かし、ストレスの軽減やリラックス効果も期待できるでしょう。

本書は、新しいアイデアを求めるクリエイターやビジネスマン、学生、教育者など、多くの人々にとって刺激的な読み物です。

アイデア生成プロセスを実践することで、自分の考え方や行動に変化が見られるかもしれません。

ジェームス W.ヤングの『アイデアのつくり方』は、アイデア生成のプロセスを分かりやすく解説しており、さまざまな分野で活用できるだけでなく、自己啓発の面でも役立つ一冊です。

新しいアイデアを生み出すことが求められる現代社会で、この本の価値はますます高まっていくことでしょう。

created by Rinker
¥1,100 (2024/05/24 18:29:48時点 Amazon調べ-詳細)

アイデアの創出:既存の要素を新たな組み合わせへと導く3つのテクニック

『アイデアのつくり方』- ジェームス W.ヤング (著) を読んだところでもう少しアイデアの作り方について掘り下げます。

アイデアとは何でしょうか?

ジェームス W.ヤングは、既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもないと言っています。

しかし、その新しい組み合わせを生み出すためには、どのような方法があるのでしょうか。

アイデアが必要な時に使える情報(既存要素)の収集テクニックを3つご紹介します。

カラーバス効果

カラーバス効果とは、心理学用語で、「意識した事柄に関する情報が集まるようになる」という現象を指します。

具体的には、ある特定の色を意識すると、その色に関連する情報が自然と目に入ってくるというものです。

これは色だけでなく、形や視点の高さなど、様々な形で応用可能です。

ある一つの「軸」を持って周囲を見回すと、意外な共通点が見つかり、新しい組み合わせ(=アイデア)に必要な情報が自然と集まってくるようになります。

フォトリーディング

フォトリーディングは、書籍や雑誌などから必要な情報のみをインプットするテクニックです。

膨大な情報の中から、自分にとって本当に必要な情報だけを短時間で効率的に取り出すことが可能になります。

このテクニックを使うと、例えばカラーバス効果と組み合わせて雑誌を読む時に「◯」という形に注目すると、

「丸ってこんな配置もできるんだ」「こういう目的で丸くしているんだ」といったように、アイデアにつながりそうな情報がサクサクと見つけられるようになります。

相手の目線で相手の立場で考える

「お客さんの立場から見たアイデアを考える」という時に便利なのが、文字通り、相手の立場に立つテクニックです。

レジ業務を改善するのであれば、レジの向こう側に回ってお客さんとして立ってみる。

子供向けの商品を作るのであれば、対象となる年齢の子供の身長まで身をかがめてみる。

Webサイトの改善を行うのであれば、手元にあるスマホで実際にページを見てみる。

これらの行動は、頭で考えるだけでなく体も動かしてみることで、ハッとする気づきを得られるか、少なくとも何か感じることはあるはずです。

そして、この気づきや感じたことこそ、お客さんの立場から見た改善のアイデアとなり得るでしょう。

『アイデアのつくり方』- ジェームス W.ヤング (著) 書評/5つの段階と3つのテクニックまとめ

アイデアを生み出す方法は世の中にいくつもありますが、本日は、特に実践しやすく、効果が高いものを紹介しました。

これらのテクニックを活用することで、既存の要素を新たな組み合わせへと導くアイデアの創出が、より容易になるでしょう。

アイデア創出の旅路において、これらのテクニックが皆さんの一助となれば幸いです。

created by Rinker
¥1,100 (2024/05/24 18:29:48時点 Amazon調べ-詳細)
書評
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ごろまる社長

WEBメディア会社22期目社長。フォークギター、元ロックバンドベース、ドラム。筋トレ、玄米食、ファスティング実践中。夫婦ドライブ温泉旅VanLife車改造など楽しんでいます。マーケティング手法の経験など社内向等、思いつきメモ備忘録に使ってます。

ごろまる社長をフォローする
ごろまる社長をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました