直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN:デザイン思考がビジネスに革命をもたらす理由

書評
created by Rinker
¥1,426 (2024/06/24 10:31:06時点 Amazon調べ-詳細)

『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』は、佐宗邦威氏によるビジネス書で、

デザイン思考を取り入れることが21世紀のビジネスにおいて重要である理由を解説しています。

本書は、ビジネスにおける直感と論理をつなぐ新しい思考法を提案しており、特にクリエイティブな発想が求められる現代において、

ビジョンを描く力がいかに重要かを具体的な事例と共に紹介しています。デザイン思考の本質を理解し、実践するための方法論が詰め込まれた一冊です。

著者について

佐宗邦威氏は、株式会社BIOTOPEの代表であり、戦略デザイナーとして多くの企業や組織のイノベーション支援に携わっています。

東京大学法学部を卒業後、イリノイ工科大学でデザイン研究科を修了した佐宗氏は、P&Gやソニーでマーケティングや新規事業創出に携わってきた経験豊かなプロフェッショナルです。

彼の経歴には、「ファブリーズ」や「レノア」などのヒット商品の担当や、ソニーのクリエイティブセンターでの新規事業創出プログラムの立ち上げなど、多岐にわたる実績があります。

さらに、戦略デザインファーム「BIOTOPE」を起業し、山本山、ぺんてる、NHKエデュケーショナル、クックパッド、NTTドコモなど、さまざまな企業・組織のイノベーション支援を行っています。

個人のビジョンを駆動力にした創造の方法論にも詳しい佐宗氏が、本書で提案する新しい思考法は、現代のビジネスにおいて非常に価値のあるものと言えるでしょう。

ビジョンとは何か?

本書でいう「ビジョン」とは、根拠のない直感や妄想に支えられる「これがやりたい!」という強い想いです。

著者の佐宗邦威氏は、多くの成功者たちと出会い、彼らが持つビジョンの力を目の当たりにしてきました。

成功者たちは、実現可能性が見えない突飛な発想や妄想を口にすることをためらいません。

それは、彼らが「本当に価値あるものは、妄想からしか生まれない」ということを経験的に知っているからです。

ビジョンとは単なる夢や願望ではなく、自分の内側から湧き上がる強い欲望や使命感に基づいたものです。

このビジョンを持つことで、私たちは新しいアイデアやクリエイティブな解決策を見つけることができ、困難な状況にも立ち向かう力を得ることができます。

例えば、著者が紹介する成功者たちは、世間からは「無謀」と思われるようなビジョンを持ちながらも、その強い想いを持ち続けることで、

実際に成功を収めています。彼らは、自分自身のビジョンを信じ、他人の意見や常識にとらわれることなく、自分の道を切り開いてきたのです。

このように、本書で語られるビジョンは、私たちが日常生活やビジネスの場面で直面する様々な課題に対して、新たな視点を提供し、自己実現へと導く重要な要素となります。

ビジョンを持つことで、私たちは新しい可能性を見出し、より豊かで充実した人生を送ることができるでしょう。

ジャーナリングの効果と実践方法

ジャーナリングとは?

ジャーナリングとは、毎日決まった時間に決まった分量の文章を書くことで、内面を見つめ直し、自己理解を深める方法です。

このプロセスを通じて、日々の充足感を高め、自分らしい思考を取り戻すことができます。

ジャーナリングの効果

ジャーナリングの最大の効果は、内面の整理と自己洞察です。

嫌だと思ったことや嬉しかったことなどをありのままに書くことで、自分の感情や考えを客観的に見つめ直すことができます。

これにより、心の中に溜まったストレスやモヤモヤを解消し、心のバランスを保つことができます。

また、ジャーナリングは創造性の向上にも寄与します。

思考の枠を取り払い、自由な発想を引き出すための手段として、ビジョンを具体化する助けとなります。

佐宗邦威氏も、本書の中でジャーナリングの重要性を強調し、ビジョンを描くための第一歩として推奨しています。

実践方法

ジャーナリングを始めるための具体的なステップは以下の通りです。

  • 毎日決まった時間を設定する:ジャーナリングを習慣化するために、毎日同じ時間に書くことを心がけましょう。朝の時間や寝る前など、自分にとってリラックスできる時間帯を選ぶと続けやすくなります。
  • 決まった分量を書く:毎日書く分量を決めることで、継続しやすくなります。最初は短い文章から始め、徐々に書く量を増やしていくと良いでしょう。
  • ありのままに書く:誰に見せるわけでもないので、自分の感情や考えをそのまま書き出します。ポジティブな感情もネガティブな感情も抑え込むことなく、自由に表現することが重要です。
  • ポジティブな感情で締めくくる:最後にポジティブな感情で文章を締めくくることを心がけます。これにより、日々の充足感が高まり、前向きな気持ちで一日を終えることができます。

デザイン思考のシンプルな本質

デザイン思考とは?

デザイン思考は、問題解決に向けた創造的なアプローチであり、複雑な課題に対して革新的な解決策を見つけ出すためのプロセスです。

現代のビジネス環境では、これまでの常識や既成概念にとらわれず、柔軟で新しい視点から問題に取り組むことが求められています。

佐宗邦威氏の『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』では、デザイン思考の本質として「共感」「アイデア生成」「プロトタイピング」の3つを挙げています。

1. 共感

共感は、デザイン思考の出発点です。問題解決のためには、まずユーザーや関係者の立場に立ち、彼らのニーズや感情を深く理解することが重要です。

この段階では、観察やインタビューを通じて、ユーザーが直面している問題や課題を明らかにし、共感を持って理解します。

共感を通じて得られるインサイトは、創造的なアイデアを生み出すための基盤となります。

2. アイデア生成

共感によって得られたインサイトを基に、多様なアイデアを生成するプロセスです。

この段階では、自由な発想を促進し、制約を取り払って考えることが重要です。

ブレインストーミングやマインドマップなどの手法を用いて、多くのアイデアを出し、それらを組み合わせたり、改良したりして、革新的な解決策を見つけ出します。

佐宗氏は、この過程での「妄想」や突飛な発想を積極的に奨励しています。

3. プロトタイピング

生成されたアイデアを具体的な形にするプロセスです。

プロトタイプは、アイデアを実際に試すための試作品やモデルであり、ユーザーからのフィードバックを得るための重要な手段です。

プロトタイピングを通じて、アイデアの実現可能性を検証し、改善を重ねていくことができます。

この反復的なプロセスを通じて、より精度の高い解決策を導き出します。

人間らしい思考を取り戻す方法

現代社会では、私たちの思考はさまざまな要因によって妨げられています。

佐宗邦威氏は、本書『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』の中で、思考の喪失原因として以下の4つを挙げています:

  • 過剰な情報:日々膨大な情報が飛び交う現代において、私たちは情報の洪水にさらされています。過剰な情報は、思考を混乱させ、焦点を見失わせる原因となります。情報を整理し、必要なものだけを選び取るスキルが求められます。
  • 他人の期待:他人の期待に応えようとするあまり、自分の本当の考えや感情を抑え込んでしまうことがあります。これは、自己表現の自由を奪い、自分らしい思考を妨げる要因となります。
  • ルーティンワーク:日々のルーティンワークに追われると、新しい視点や発想を生み出す余裕がなくなります。ルーティンは効率的である一方で、創造性を阻害する可能性があります。
  • 恐怖:失敗や批判を恐れるあまり、安全な選択肢に逃げ込むことがあります。この恐怖が、リスクを伴うが価値あるアイデアや行動を阻む要因となります。

これらの問題を克服するための方法として、「余白」を作ることが重要です。

余白の作り方

  • ジャーナリング:ジャーナリングを通じて、自分の考えや感情を書き出し、内面を整理します。これにより、過剰な情報や他人の期待から解放され、自分らしい思考を取り戻すことができます。
  • スケジュールに余白を設ける:意識的にスケジュールに余白を作り、自由な時間を確保します。この時間を使って新しいことに挑戦したり、リフレッシュすることで、ルーティンワークから抜け出し、創造性を発揮する余裕が生まれます。
  • 恐怖を克服するためのマインドセット:失敗を恐れず、挑戦を楽しむマインドセットを持つことが重要です。失敗を学びの機会と捉え、批判を建設的なフィードバックとして受け入れることで、恐怖を克服し、新しいアイデアを実行に移すことができます。

妄想からビジョンへ

価値あるアイデアは妄想から生まれる

本書『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』で佐宗邦威氏が強調するのは、価値あるアイデアは妄想から生まれるということです。

妄想とは、現実的な制約を超えた自由な発想であり、それが新しいビジョンや革新的なアイデアの源泉となります。

では、どうすればこの妄想を引き出し、価値あるビジョンへとつなげることができるのでしょうか?

妄想を引き出す具体的なテクニック

佐宗氏は、妄想を引き出すための具体的なテクニックとして、「モーニング・ジャーナリング」や「ビジョン・スケッチ」を紹介しています。

1. モーニング・ジャーナリング

モーニング・ジャーナリングは、毎朝決まった時間に日記を書く習慣です。

このプロセスを通じて、頭の中の雑念や心の奥にある感情を吐き出し、クリアな思考を手に入れることができます。

朝の静かな時間帯に、自分の考えや感情をありのままに書き出すことで、内面的な洞察が深まり、新しいアイデアが生まれやすくなります。

モーニング・ジャーナリングの実践方法

  • 時間を決める:毎朝同じ時間にジャーナリングを行う習慣をつけます。
  • 量を決める:一定の分量(例えば3ページ)を書くことを目標にします。
  • 自由に書く:思いついたことを自由に書き出し、内容に制約を設けないことが重要です。

2. ビジョン・スケッチ

ビジョン・スケッチは、自分の妄想やビジョンを視覚的に描く方法です。

これは、抽象的なアイデアを具体的な形にするためのツールであり、視覚的な表現を通じて、自分の思考を整理し、明確なビジョンを描く助けとなります。

ビジョン・スケッチの実践方法

  • 大きな紙を用意する:広いスペースに自由に描けるように、大きな紙やホワイトボードを使います。
  • 自由に描く:アイデアや思い浮かんだことを自由にスケッチし、色や形に制限を設けないことが重要です。
  • 反復する:何度も描き直しながら、自分のビジョンを具体化していきます。

複雑な世界を知覚する

知覚力を磨くためには?

現代のビジネス環境は複雑で変化が激しいため、従来の固定観念や単純な視点だけでは対応しきれないことが多くあります。

佐宗邦威氏の『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』では、複雑な世界をより深く理解し、適応するために必要な知覚力の重要性が強調されています。

知覚力を磨くための具体的な方法として、「頭をタコツボ化させない方法」や「センス・メイキング理論」が紹介されています。

頭をタコツボ化させない方法

「頭をタコツボ化させない方法」とは、自分の考えや視点を固定化せず、常に新しい情報や視点を取り入れることで、柔軟な思考を保つためのアプローチです。

以下の具体的な方法があります:

  • 多様な情報源から学ぶ:特定の分野や媒体に偏らず、さまざまな情報源から情報を収集します。新聞、雑誌、インターネット、書籍など、多岐にわたる情報を取り入れることで、視野を広げます。
  • 異なる意見に耳を傾ける:自分と異なる意見や視点を持つ人との対話を通じて、新しい考え方や視点を取り入れます。異なる意見を尊重し、理解することが大切です。
  • 経験を多様化する:新しいことに挑戦し、異なる環境や文化に身を置くことで、固定観念を打破し、柔軟な思考を養います。

センス・メイキング理論

「センス・メイキング理論」とは、複雑な情報や状況を理解し、意味を見出すための理論です。

複雑な世界で生じるさまざまなデータや出来事を整理し、自分なりの意味を構築することで、より的確な判断や行動が可能になります。

センス・メイキングを実践するためのステップは以下の通りです:

  • 情報の整理と分類:得られた情報を整理し、関連性を見つけ出します。情報をカテゴリーに分けたり、マインドマップを作成することで、全体像を把握します。
  • パターンの認識:情報の中からパターンや傾向を見つけ出し、そこから意味を見出します。これにより、複雑な状況でも本質的な問題や機会を見極めることができます。
  • 仮説の構築と検証:見つけたパターンに基づいて仮説を立て、その仮説を実際の状況で検証します。仮説が正しいかどうかを確認し、必要に応じて修正していきます。

8. 創造性を引き出す組替の技法

アイデアを固定しないためには?

アイデアを固定化せず、常に新しい発想を生み出すためには、柔軟な思考法が必要です。

佐宗邦威氏の『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』では、創造性を引き出すための「組替の技法」として、「可動式メモ術」と「アナロジー的な認知」を活用する方法が紹介されています。

可動式メモ術

「可動式メモ術」とは、アイデアを固定せず、自由に組み替えることができるメモの取り方です。

この方法を使うことで、アイデアを柔軟に組み合わせたり、再配置したりすることができ、新しい視点や発想が生まれやすくなります。

可動式メモ術の実践方法
  • 付箋を活用する:付箋にアイデアを書き出し、自由に移動させながら新しい組み合わせを試みます。壁やボードに貼り付けて、全体像を俯瞰することができます。
  • デジタルツールを使う:デジタルメモアプリやマインドマップツールを活用して、アイデアを可視化し、簡単に移動や組み替えができるようにします。
  • アイデアをグループ化する:関連するアイデアをグループ化し、異なるグループ間での組み合わせを試みることで、新しい発想が生まれます。

アナロジー的な認知

「アナロジー的な認知」とは、異なる分野や経験から得た知識や概念を元に、新しいアイデアを生み出す方法です。

異なる領域間の類似点や共通点を見つけ出し、それを元に新しい視点を取り入れることで、独創的なアイデアが生まれます。

アナロジー的な認知の実践方法
  • 異分野の知識を取り入れる:自分の専門分野以外の知識や経験を積極的に取り入れます。異なる分野の書籍や記事を読むことが効果的です。
  • 異なる経験を活かす:過去の経験や他の分野での成功例を元に、新しいアイデアを考えます。異なる経験を結びつけることで、新たな発想が生まれます。
  • 比喩やメタファーを使う:日常的な物事を比喩やメタファーで表現し、そこから新しいアイデアを引き出します。これにより、抽象的な概念が具体化されやすくなります。

表現の重要性

表現の重要性とは?

創造的な思考やアイデアを形にするためには、表現することが不可欠です。

佐宗邦威氏の『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』では、表現のプロセスを通じてアイデアを具体化し、より良いものに進化させるための重要性が強調されています。

その中でも「イタレーション(反復)」が重要な役割を果たします。

イタレーション(反復)のカギ

イタレーションとは、アイデアを何度も試し、フィードバックを得ながら改良を重ねるプロセスです。

この反復作業を通じて、アイデアは徐々に洗練され、実現可能な形に近づいていきます。

早期の失敗を恐れず、むしろ積極的にフィードバックを取り入れることで、より良い結果が得られます。

早期の失敗を恐れない

創造的なプロセスにおいては、失敗は避けられないものです。

しかし、早期に失敗することで、問題点や改善点を素早く見つけ出すことができます。

佐宗氏は、失敗を恐れずに表現し続けることの重要性を強調しています。失敗から学び、それを次のステップに活かすことで、アイデアは進化します。

表現の余白を作る

表現の余白を作ることも重要です。これは、アイデアを形にする過程で自由な発想を許容するスペースを確保することを意味します。

以下の方法で、表現の余白を作ることができます:

  • フィードバックの活用:他人からのフィードバックを積極的に求め、アイデアを多角的に検証します。フィードバックを元にアイデアを改良し、再び表現することを繰り返します。
  • プロトタイピング:アイデアを小さなプロトタイプとして形にし、実際に試してみることが大切です。プロトタイプを作ることで、アイデアの実現可能性や改善点が明確になります。
  • 自由な発想を奨励する:制約を設けずにアイデアを出し、自由に表現する環境を作ります。これにより、新しい視点や独創的なアイデアが生まれやすくなります。

妄想が世界を変える

妄想から生まれる価値

『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』の最終章では、妄想がどのようにして世界を変える可能性を持っているかが探求されています。

妄想は、現実の制約を超えた自由な発想であり、その中には無限の可能性が秘められています。

妄想から生まれる価値は、単なる夢や空想にとどまらず、革新的なアイデアや新しいビジョンとして具体化されることがあります。

社会に対する影響

妄想から生まれたアイデアやビジョンは、個人の人生だけでなく、社会全体に対しても大きな影響を与えることがあります。

歴史を振り返れば、多くの偉大な発明や発見、社会変革の背後には、一見非現実的な妄想や突飛なアイデアが存在していました。

これらのアイデアが現実のものとなり、社会に大きな変革をもたらした例は枚挙にいとまがありません。

妄想の可能性を探る

妄想が持つ可能性を最大限に引き出すためには、以下の点を意識することが重要です。

  • 自由な発想を奨励する:制約や常識にとらわれず、自由な発想を奨励する環境を作ることが大切です。これにより、新しいアイデアが生まれやすくなります。
  • 実行力を持つ:妄想を現実にするためには、実行力が必要です。具体的な計画を立て、ステップバイステップで実行に移していくことで、妄想が現実のものとなります。
  • フィードバックを活用する:他人からのフィードバックを積極的に取り入れ、妄想を現実的なアイデアに磨き上げていくことが重要です。フィードバックを元に改良を重ねることで、アイデアの実現可能性が高まります。

おわりに

『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』を通じて、佐宗邦威氏はビジネスにおけるデザイン思考の重要性と、その実践方法を詳しく解説しています。

本書では、ビジョンを描くための具体的な方法として、「共感」「アイデア生成」「プロトタイピング」というデザイン思考の三本柱が紹介され、さらに妄想や直感を活かして新しいアイデアを生み出すためのテクニックが多く取り上げられています。

具体的には、「モーニング・ジャーナリング」や「ビジョン・スケッチ」などの方法を用いて妄想を引き出し、自由な発想を奨励することが重要であると説かれています。

また、情報の整理や分類、異なる視点の取り入れ、プロトタイプの作成と反復によって、アイデアを磨き上げるプロセスも重視されています。

ビジョンを描き、それを実現するためには、まず自分の内側にある直感や妄想を信じることが大切です。

現実の制約や他人の期待にとらわれず、自分自身の思考を解放し、新しい視点やアイデアを積極的に取り入れていきましょう。

佐宗氏が提唱する方法を実践することで、私たちはよりクリエイティブで革新的なビジョンを描く力を養うことができます。

日々の生活やビジネスの場面でこれらのテクニックを取り入れ、自己実現と社会貢献を目指す新しい未来を切り開いてください。

最後に、妄想は決して非現実的なものではなく、価値ある未来を創造するための第一歩です。

自分自身のビジョンを信じ、勇気を持って実行に移すことで、あなたも世界を変える力を手に入れることができるでしょう。

今こそ、自分のビジョンを描き、その実現に向けて一歩を踏み出してみてください。

created by Rinker
¥1,426 (2024/06/24 10:31:06時点 Amazon調べ-詳細)
書評
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ごろまる社長

WEBメディア会社22期目社長。フォークギター、元ロックバンドベース、ドラム。筋トレ、玄米食、ファスティング実践中。夫婦ドライブ温泉旅VanLife車改造など楽しんでいます。マーケティング手法の経験など社内向等、思いつきメモ備忘録に使ってます。

ごろまる社長をフォローする
ごろまる社長をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました