ACR

他社取得ドメインをコアサーバーへ無料SSL設定する方法

スポンサーリンク

お名前.comで取得したドメインをコアサーバー、XREA、バリューサーバーへ設定する方法

今回は、他社取得ドメインをコアサーバーへ設定する方法です。

ドメインを取得した側で、コアサーバーへのネームサーバー設定を終えている状態からの解説をいたします。

お名前ドットコムを例にしたのドメイン取得とネームサーバーの設定は次のページで解説をしています。

お名前.comでドメインを取得して他社ネームサーバーを設定する方法

スポンサーリンク

他社取得ドメインをコアサーバーへ設定

ドメイン取得は、お名前.comに限らず同じ作業になります。

お名前.comのようなドメインを購入することの出来るサービスで、バリュードメインという会社があります。

コアサーバーは、バリュードメインと同じ会社のサーバーになります。

バリュードメインで取得したドメインは、連携ができるようになっていますが、他社ドメインの場合は、少し余分な作業が必要です。

他のレンタルサーバーでは、ドメインを取得したところでネームサーバーを設定して、運用先のサーバーでドメイン設定をして完了です。

しかし、コアサーバーの場合は、手順が増えます。

他社管理ドメインをコアサーバーへ設定する方法の手順は

  1. ドメイン取得した他社管理画面でコアサーバーへのネームサーバー情報設定
  2. バリュードメインの無料ネームサーバーでドメイン設定
  3. コアサーバーでドメイン設定
  4. コアサーバーでサイト設定
  5. 必要があれば、www有り無しの統一作業

という手順で、他のサーバーと違い、2番と4番の手順が増えます。

5番目は私は、コアサーバーでは、面倒なのであまりやってません。下の方に理由を書いてます。

2番、4番、5番というところが、初心者には、理解しにくいところで、私も最初は、何度も迷ったところです。

それでは、2番のところから解説します。

ドメインを取得したところでのネームサーバー情報の設定は、終了している状態からの解説です。

バリュードメインでの無料ネームサーバーの設定

バリュードメインにログインします。

無料ネームサーバーをクリックします。

バリュードメインにログインします。無料ネームサーバーをクリックします。

無料ネームサーバーの作成(他社登録しているドメインを登録)をクリックします。

無料ネームサーバーの作成(他社登録しているドメインを登録)をクリックします。

無料ネームサーバーの作成で、ドメイン名を入力して、登録をクリックします。

ドメインは、wwwなど余分なものは入れないでください。

無料ネームサーバーの作成で、ドメイン名を入力して、登録をクリックします。

DNS情報を変更するをクリックします。

DNS情報を変更するをクリックします。

当サービス内サーバーの自動DNS設定のところで、利用しているサーバー名を指定します。

当サービス内サーバーの自動DNS設定のところで、利用しているサーバー名を指定します。

ここで、サーバー名がずら~~っとプルダウンで出てきますので、間違えないように指定してください。

ここで間違えると、サーバー運用ができません。

上の大きい枠に、サーバー指定すると自動で、なにやら意味不明な文字が設定されますが、そこは一切触らないようにして、下の方にある保存をクリックしてください。

保存したら、ネームサーバー情報がコアサーバーへ向くのに少し時間がかかります。

次のサーバー設定をするとエラーになることもありますので、5分~30分くらい休憩してから次のサーバー設定をしてください。

コアサーバーでのドメイン設定

次に、コアサーバーでのドメイン設定です。

利用しているサーバーにログインします。

ドメイン設定をクリックします。

ドメイン設定をクリックします。

ドメイン設定の新規作成をクリックします。

ドメイン設定の新規作成をクリックします。

ドメイン名を入力して、Aレコードのチェックを行うにチェックを入れます。ドメイン設定を新規作成をするをクリックします。

ドメイン名を入力して、Aレコードのチェックを行うにチェックを入れます。ドメイン設定を新規作成をするをクリックします。

「ドメイン設定を新規作成しました。」と出れば完了です。

「ドメイン設定を新規作成しました。」と出れば完了です。

コアサーバーでのSSLサイト設定

やっと4番目の手順で、コアサーバーでのサイト設定です。

なかなか手ごわいコアサーバーですが、一回やってみればなんてことない操作です。

引き続き管理画面のサイト設定をクリックします。

管理画面のサイト設定をクリックします。

サイト設定の新規作成をクリックします。

サイト設定の新規作成をクリックします。

次の画面でドメイン名を入力します。ドメイン名は、私は、www無しでの運用にしていますので、www無しのドメインをそのまま入力します。

次の画面でドメイン名を入力します。

同じ画面の下の部分での設定です。

同じ画面の下の部分での設定です。

IPアドレスはそのままです。

SSLは、これからのSEO的な考えでは、サイトの暗号化は必須ですのでSSLを利用するようにします。とりあえずここでは無料SSLをチェックします。

PHPは、最新のところをチェックしておきます。

Aレコードのチェックを行うにチェック入れます。

一番下のサイト設定を新規作成をするをクリックします。

次の画面になっていればサイト設定の新規設定は完了です。

サイト設定完了の画面です。

www有りと無しを統一するためにもう一回ドメイン、サイト設定する必要あり

コアサーバーの場合は、この辺が面倒です。

ロリポップサーバーとかエックスサーバーとか他社全般に、www有り無しというのは、わざわざ設定をしないでも、データアップロード先に.htaccessで301リダイレクトを記述すればOKです。

コアサーバーの場合は、www無しでドメイン設定とサイト設定をしたら、wwwありでもう一度ドメイン設定で転送設定を加えたwww有りのドメイン設定をしてから、再度、サイト設定をします。

ややこしいですね。

しかし、この場合のwww有りから無しへのサーバーでの転送は302リダイレクトになるので、更に、www無しフォルダー直下に.htaccessで301リダイレクトをさせる作業が必要です。

メチャメチャメンドクサイですね。

しかも、無料SSLを設定した場合には、メインへの転送設定ができないようになってます。

ですから、私は、ドメインの移転、サーバー移転の古いドメインを扱う時に、www有り無しを統一したい場合で無料SSL使わない場合は、作業をしますが、新規の場合は、何も外部リンクもないですし、公開したドメインでのインデックスを促すだけにして、www有り無しの作業はしません。

今時、www無しで公開して、わざわざURLにwwwを手動でつけてアクセスしてくる人っているのか疑問です。

インターネットが始まった当初は、wwwがある方が当たり前だったので、ありえました。

いったん、www無しで公開して宣伝したものは、それしか認識されないと思います。

いいのか悪いのかは、サイトで収益が上がっていれば良しとします。

まとめ

今回は、バリュードメイン以外で新規ドメインを取得してコアサーバーで運用するための設定を記録しておきました。

昔からコアサーバーは、扱いが、比較的難しいサーバーでした。

最近は、管理画面もだいぶ進化してきてわかりやすくはなりました。

一応書いときますが、コアサーバーとバリュードメインはこちらです。

スポンサーリンク

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top
1 dummydummy dummy dummy