輪郭/連携/抑揚/臨終/練達/余剰の漢字クイズ

やり直し漢字

漢字は、言葉の意味を深く理解し、表現の幅を広げるために非常に有効です。

この記事では、新たな漢字を学び、それらの使い方を例文を通して確認します。

さて、今回はどんな漢字に出会えるでしょうか。

  • 輪郭(りんかく): 物の外側の線や形。
  • 連携(れんけい): 協力して物事を行うこと。
  • 抑揚(よくよう): 話し言葉のトーンの上下。
  • 臨終(りんじゅう): 死ぬ直前の状態。
  • 練達(れんたつ): 技術や知識が熟練していること。
  • 余剰(よじょう): 必要以上に余っていること。

漢字を使った例文

彼の絵は輪郭がはっきりしていて美しい。

成功するためにはチームの連携が不可欠だ。

抑揚をつけて話すと、聞き手に伝わりやすい。

彼は臨終の際、家族に囲まれていた。

彼女はその分野で非常に練達している。

この計画では資源の余剰が問題となった。

例文の書き取り問題

彼の絵は(りんかく)がはっきりしていて美しい。

成功するためにはチームの(れんけい)が不可欠だ。

(よくよう)をつけて話すと、聞き手に伝わりやすい。

彼は(りんじゅう)の際、家族に囲まれていた。

彼女はその分野で非常に(れんたつ)している。

この計画では資源の(よじょう)が問題となった。

漢字から読みと意味を思い出そう

  • 輪郭
  • 連携
  • 抑揚
  • 臨終
  • 練達
  • 余剰

漢字クイズ

問題1: 「物の外側の線や形」を意味する漢字は何でしょう?

問題2: 「協力して物事を行うこと」を意味する漢字は何でしょう?

問題3: 「話し言葉のトーンの上下」を意味する漢字は何でしょう?

問題4: 「死ぬ直前の状態」を意味する漢字は何でしょう?

問題5: 「 技術や知識が熟練していること」を意味する漢字は何でしょう?

問題6: 「必要以上に余っていること」を意味する漢字は何でしょう?

  • 答え1: 輪郭
  • 答え2: 連携
  • 答え3: 抑揚
  • 答え4: 臨終
  • 答え5: 練達
  • 答え6: 余剰

まとめ

今回は、「輪郭」「連携」「抑揚」「臨終」「練達」「余剰」という漢字を学びました。

これらの漢字をしっかり覚えて、より豊かな日本語表現を目指しましょう。

次の漢字の学びにも期待してください。

やり直し漢字
スポンサーリンク
この記事を書いた人
レモン先生

やり直しの国語情報を提供します。よろしくお願いいたします。女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。パソコン、スマホで字を書く機会が減りました。このブログでは、国語のお勉強お手伝い。

レモン先生をフォローする
レモン先生をフォローする
ACR

コメント

タイトルとURLをコピーしました