やり直し漢字/漢字クイズ:帆船・必携・薄幸・判然・必至・舶来

やり直し漢字

漢字は、日本語の豊かさを感じさせてくれる要素の一つです。

今回は、帆船、必携、薄幸、判然、必至、舶来という漢字に焦点を当ててみましょう。

それぞれの漢字の読み方と意味を覚え、例文を通して使い方を学んでいきます。

  • 帆船(はんせん):帆を張って進む船。
  • 必携(ひっけい):常に持ち歩くべきもの。
  • 薄幸(はっこう):運が悪いこと。
  • 判然(はんぜん):明らかなこと。
  • 必至(ひっし):避けられないこと。
  • 舶来(はくらい):外国から来たもの。

漢字を使った例文

海を渡る帆船を見るのは、夢のようです。

旅行では、地図は必携のアイテムです。

彼女は薄幸な生涯を送ったと言われています。

その事実は判然としています。

この計画の成功は必至です。

その技術は舶来品として人気があります。

漢字から読みと意味を思い出そう

  • 帆船
  • 必携
  • 薄幸
  • 判然
  • 必至
  • 舶来

例文の書き取り問題

海を渡る(はんせん)を見るのは、夢のようです。

旅行では、地図は(ひっけい)のアイテムです。

彼女は(はっこう)な生涯を送ったと言われています。

その事実は(はんぜん)としています。

この計画の成功は(ひっし)です。

その技術は(はくらい)品として人気があります。

漢字クイズ

次の漢字の読み方と意味を答えてください。

  • 帆船の読み方と意味は?
  • 必携の読み方と意味は?
  • 薄幸の読み方と意味は?
  • 判然の読み方と意味は?
  • 必至の読み方と意味は?
  • 舶来の読み方と意味は?

答え:帆船(はんせん)、必携(ひっけい)、薄幸(はっこう)、判然(はんぜん)、必至(ひっし)、舶来(はくらい)。

まとめ

今回は、帆船、必携、薄幸、判然、必至、舶来という漢字を取り上げました。

これらの漢字を日常的な文脈で使うことで、理解を深めることができます。

漢字の学習を続けて、日本語の魅力をさらに探求しましょう。

やり直し漢字
スポンサーリンク
この記事を書いた人
レモン先生

やり直しの国語情報を提供します。よろしくお願いいたします。女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。パソコン、スマホで字を書く機会が減りました。このブログでは、国語のお勉強お手伝い。

レモン先生をフォローする
レモン先生をフォローする
ACR

コメント

タイトルとURLをコピーしました