やり直し漢字/漢字クイズ/記憶・記録・機械・機会・構想・機能

やり直し漢字

漢字は日本語の豊かな表現を可能にし、言葉の正確な理解を助けます。

今回は、「記憶」「記録」「機械」「機会」「構想」「機能」という漢字に焦点を当て、それぞれの意味と使い方を学びます。

  • 記憶 – きおく:過去の出来事や情報を心に留めておくこと。
  • 記録 – きろく:出来事や数値などを書き留めておくこと。
  • 機械 – きかい:特定の作業を行うために設計された装置や道具。
  • 機会 – きかい:何かを行う適切な時やチャンス。
  • 構想 – こうそう:何かを作るための計画やアイデア。
  • 機能 – きのう:物事が果たすべき役割や働き。

例文

彼女はその日の出来事を詳細に記憶していました。

新しい世界記録が樹立されました。

この工場では最新の機械が導入されています。

新しいプロジェクトを始める良い機会です。

彼は新しいビジネスの構想を練っています。

このアプリケーションには多くの便利な機能があります。

例文の書き取り問題

彼女はその日の出来事を詳細に(きおく)していました。

新しい世界(きろく)が樹立されました。

この工場では最新の(きかい)が導入されています。

新しいプロジェクトを始める良い(きかい)です。

彼は新しいビジネスの(こうそう)を練っています。

このアプリケーションには多くの便利な(きのう)があります。

漢字から読みと意味を思い出そう

  • 記憶
  • 記録
  • 機械
  • 機会
  • 構想
  • 機能

漢字クイズ

以下のクイズで、漢字の理解を深めましょう。

  • Q1. 「過去の出来事や情報を心に留めておくこと」はどの漢字? A. 記憶
  • Q2. 「出来事や数値などを書き留めておくこと」を表す漢字は? A. 記録
  • Q3. 「特定の作業を行うために設計 された装置や道具」を意味する漢字は? A. 機械
  • Q4. 「何かを行う適切な時やチャンス」の漢字は? A. 機会
  • Q5. 「何かを作るための計画やアイデア」を示す漢字は? A. 構想
  • Q6. 「物事が果たすべき役割や働き」を表す漢字は? A. 機能

まとめ

「記憶」「記録」「機械」「機会」「構想」「機能」の漢字を学び、それぞれの用法を例文を通じて理解しました。これらの漢字は日常生活やビジネスの場面で頻繁に使われるため、覚えておくと非常に役立ちます。

やり直し漢字
スポンサーリンク
この記事を書いた人
レモン先生

やり直しの国語情報を提供します。よろしくお願いいたします。女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。パソコン、スマホで字を書く機会が減りました。このブログでは、国語のお勉強お手伝い。

レモン先生をフォローする
レモン先生をフォローする
ACR

コメント

タイトルとURLをコピーしました