“できる人”でなく”感じのいい人”になることが成功への鍵

社長日記コラム

楽しさと輝きは密接に関連しています。人々は楽しんでいる人々を自然と引き寄せ、その輝きに魅了されます。

本記事では、リーダーの仕事術に焦点を当て、”できる人”と”感じのいい人”の違い、輝く秘訣、表情の力、ゴール志向と現在を楽しむこと、時間の濃さ、自己評価と他者評価、そして面白さの追求について探っていきます。

リスペクトの本質

リスペクトを求めることとリスペクトを得ることは異なります。

リスペクトされるために「できる人」を目指すことは誤解です。実際、そのような人々は「できる人なんだけどね……」と評されることが多いのです。

リスペクトされるのは、「感じのいい人」なのです。

楽しんでいる人が輝き、リスペクトされます。この輝きには魅力があり、人々はその周りに集まります。

お金持ちであることや偉い人を知っていることよりも、楽しんでいることが大切です。

売れていることではなく、楽しんでいることが輝きの源なのです。

所ジョージさんやヒロミさんのように、彼らは楽しんでいるから輝いているのです。

楽しんでいると、自然と結果として輝いてしまいます。だから、できるだけ楽しいことを見つけ、楽しむことを心がけましょう。

輝きの秘訣

楽しみながら輝くためには、楽しんでいることが大切です。

楽しさが輝きの源であり、リーダーシップにも影響を与えます。輝いている人の周りには、魅力があり、人々が集まります。

お金持ちであることや偉い人を知っていることは、必ずしもリスペクトを得る要因ではありません。

重要なのは、楽しんでいることです。所ジョージさんやヒロミさんのような著名な人々も、成功に加えて楽しんでいることが彼らの魅力の一因です。

楽しんでいる人は、輝くことを目指しているわけではありません。

むしろ、楽しんでいることが結果として輝きを生み出すのです。

したがって、楽しさを追求し、日常生活に楽しみを見つけることが、リーダーとしての輝きを持つ秘訣なのです。

表情の力

表情は、他人とのコミュニケーションにおいて非常に重要です。

写真を撮る際も、表情は印象を左右します。リーダーとしての印象を良くするためには、ゴキゲンな表情が大切です。

リーダーにはシリアスな一面も必要ですが、写真に映る表情がシリアスだけではなく、笑顔や明るさを含んでいると、周りの人々に好印象を与えます。

集団写真で密着している人々は、ゴキゲンな人とのつながりを示しています。

したがって、リーダーとしてはシリアスさだけでなく、ゴキゲンな表情も大切にしましょう。表情の力は、他人との関係構築において非常に効果的なツールです。

ゴールより今日を大切に

リーダーとして成功を追求することは大切ですが、それに固執することは避けるべきです。

社会に出ると、ゴールを与えてもらえなくなり、自分でゴールを設定し、目指す必要が生じます。

しかし、ゴール志向だけにとらわれず、今日をどう生きるかが重要です。今日を充実させ、楽しむことこそがゴールであり、成功の秘訣なのです。

楽しく生きるとは、ダラダラ遊ぶことではなく、懸命に勉強し、懸命に準備することが

自己評価と他者評価

自分を評価し、他人に評価されることは、リーダーシップの一環です。しかし、あら捜しをすることは、自身のコンプレックスの表れかもしれません。

コンプレックスを克服し、自分自身を受け入れることは、リーダーとして成長する一歩です。

リーダーが威張ることは、自己評価に自信がない証拠かもしれません。自己評価が低いからこそ、他人に評価されたいと願うのです。

しかし、自己評価が高く、自分を受け入れている人は、他人の評価に左右されず、高圧的な態度を取らない傾向があります。

リーダーとしては、他人の評価に左右されず、自己評価を高めることが大切です。

自己評価が高まれば、他者からの評価も自然と良いものになります。

コンプレックスを抱えず、自分を受け入れる姿勢が、リーダーシップを強化します。

大事です。今日を大切にし、今日の積み重ねが明日の成功につながるのです。

時間の濃さを追求する

時間を増やすことよりも、与えられた時間をどれだけ密度濃く生きるかが重要です。

自分の時間を生きることは、自由の象徴です。

余命が気になり始めるある私の様な年齢から、時間の価値がより明確に感じられます。

しかし、自分が何歳まで生きられるかはわかりません。

そのため、今日をどれだけ濃密に生きるかを選ぶことはできます。

時間を密度濃く生きるとは、自分の時間を自分で決め、自由に使うことを意味します。

この自由こそが、充実感を生み出す要因です。

面白さを追求する

リーダーとしての魅力を高めるために、”凄い人”を目指すよりも”面白い人”を目指しましょう。

“凄い”や”大きい”、”かっこいい”といった言葉は、一時的な評価に過ぎません。

それに対して、”面白い人”と言われることは、最高のほめ言葉の一つです。

例えば、007やルパン三世の主人公たちは、常にピンチに立たされています。

しかし、彼らは楽しそうに冒険を続け、その姿勢が魅力的です。

成功や幸福は一直線に続くことはありませんが、楽しさは常に維持できるものです。

大事なのは、「楽しそうな人」になることです。

楽しさは魅力的で、他人からの評価も良くなります。

“楽しそうな人”は、成功や幸福を自然と引き寄せ、リーダーとしての魅力を高めます。

結びに

楽しさと感じの良さは、リーダーシップに不可欠な要素です。

成功やリスペクトを追求することも大切ですが、楽しさと魅力を持って輝くことが、人々からのリスペクトを引き寄せます。

“できる人”でなく、”感じのいい人”になることが、リーダーとしての成功への鍵です。

また、”凄い人”ではなく、”面白い人”になることが、魅力的なリーダーシップを築く方法です。

最終的に、楽しそうな大人になり、輝くことを目指しましょう。

楽しさがリーダーシップに与える影響は計り知れません。

そして、楽しさこそが、私たちがより豊かな人生を楽しむための鍵なのです。

社長日記コラム
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ごろまる社長

WEBメディア会社22期目社長。フォークギター、元ロックバンドベース、ドラム。筋トレ、玄米食、ファスティング実践中。夫婦ドライブ温泉旅VanLife車改造など楽しんでいます。マーケティング手法の経験など社内向等、思いつきメモ備忘録に使ってます。

ごろまる社長をフォローする
ごろまる社長をフォローする
ACR

コメント

タイトルとURLをコピーしました