ACR

記事の外注という方法

スポンサーリンク

ネットビジネスでは、WEBを利用して情報発信をするのが基本となります。

最近では、SNSも流行っていますが、基幹になる情報発信基地としてのブログやサイトを持つことが何かにつけて便利です。

ネットからの集客では、SEO的に有利になるように、オウンドメディアを持つ企業も増えました。

アフィリエイトでも、小規模サイト、中規模サイト、大規模サイトと手法があります。

サイトの量産型から、一つの分野に特化して深めていくタイプと手法が様々です。

サイトの量産やオウンドメディアでの記事の量産といった時には、記事の外注を取り入れることも視野に入れるべきです。

スポンサーリンク

記事作成の問題点

内勤のみで、記事を自社生産するのも方法ですが、ライターさんの採用から育成まで、大変なところがあります。

記事作成業務をマッチングしているクラウドソーシングでの記事作成依頼を募集すると、ライター探しから、ライターさんの管理、納品された記事のコピペチェック、内容のチェックなど、多くの作業が必要になります。

記事発注の方法が未熟であると、思ったような記事が納品されない問題や、人の管理などが発生してしまい、何のための外注化、アウトソーシングなのかが分からなくなってしまいます。

そこで、記事作成をアウトソーシングする方法を今回は取り上げてみます。

WEB記事制作業者の紹介

ネットビジネスの業界では、記事生産については、アウトソーシングが割と進んでいます。

いろいろな業務パターンで記事作成を請け負う業者が増えてきました。

SEOノウハウ的な部分もカバーしてくれるところも増えています。キーワード選定からサイト企画、投稿まで予算に合わせて業務の外注化、合理化ができます。

ブログ、サイトの上位表示を期待できる内容でコンテンツ作成を請け負う実力のある記事作成業者もあります。

アフィリサイトからオウンドメディアを構築したい企業まで、いろいろなコンテンツマーケティングやメディア側の悩みを一気に解決するサービスがそろっています。

それらをまとめて紹介したいと思います。

サグーワークス

サグーワークス

代表的な記事作成業者のサグーワークスです。以前に、ferret+と一緒に営業していました。WEBコンテンツ制作で発生する面倒な作業全般をカバーするサービスがそろっています。しかも、記事制作業界の中では低単価な方だと思います。ferret+時代からの実績もあります。

サグーワークスでのの記事作成サービスの内容

  1. 文字単価0.8円からで、文章レベルに合わせて低単価量産記事、特集記事など高品質で厳選したライターさんに任せたい要望まで幅広く請け負ってくれます。
  2. 厳選されたプラチナライターコースがあります。サグーワークスのテストに合格したプラチナライターによる高品質記事作成があります。
  3. コピペチェックシステムあり。サグーワークス独自の重複チェックシステムで、ネット上に存在するコンテンツとのコピペを徹底的に排除しています。
  4. さらに目視チェックの校正がります。専属チェッカーでの人の目により誤字脱字、文章表現、ルールに沿っているかなどもチェックします。
  5. 専任ディレクターが記事品質をコントロール。発注者へのヒアリングによりライターへの指示をします。
  6. オーダーメイド発注では、SEOコンサルティングを含めて、記事の企画と記事作成を行えます。

発注方法

  • オンライン発注・・・WEBの申し込みフォームからの発注になります。オンライン上で、発注・支払い・納品まで完結するプランです。
  • オーダーメイド発注→専属ディレクターが担当して細かい要望が伝えながら発注する方法です。
サグーワークス

【サグーワークス】

Shinobiライティング

記事作成『Shinobiライティング』

サグーワークスとならんで、アフィリエイターに人気のサービスです。

バックリンクサイト用の記事から、キャッシュポイントを置きたい記事、オウンドメディア構築のために専門家による記事まで幅広く請け負ってくれます。

アフィリエイトの中規模サイトをSEO的記事作成で丸投げができるコースがあります。

Shinobiライティングでもサイト作成での時間短縮ができるコースで、サイト企画から記事構成、そして記事のコピペチェック、記事検品まで、全部を丸投げできるようになっています。


記事作成『Shinobiライティング』


スポンサーリンク

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top